マレーシアで入手しやすいコーヒー豆

マレーシアで手に入りやすく、価格が手ごろで、個人的においしいと思うコーヒー豆を2種ご紹介します。

前提として…
  • ミディアムロースの少し酸味が残っていて苦すぎない豆が好み
  • 挽いてある豆
  • 値段が高すぎない(250グラムで30リンギ程度)
  • ミルクとの相性がいい
  • ペーパードロップに向いている挽き方(できれば)

マークス&スペンサー|Classic Ground Coffee

マークス&スペンサーの「Classic Ground Coffee」は、M&Sのコーヒー豆の中でも一番安いのですが、香りもいいし、苦みと酸味のバランスも(個人的に)ちょうどいい。

もっと値段の高い豆も試したのですが、結局これが一番おいしいと感じました。

IKEA|PÅTÅRシリーズ

IKEAのコーヒー豆は安くて優秀。
今のところ試したのはPÅTÅRシリーズ、シングルオリジンのウガンダ産の豆のミディアムロースト。

ミルクを入れたときのまろやかな苦みが好みの味です。

Lazadaで購入したら、ちょっと高めのようだったので、今度は店舗で直接購入したいですね。

IKEAの商品ページはこちら

マレーシアでもこだわりのカフェが増えている

東南アジアにもおいしいコーヒーを出すカフェはかなり増えていて、コーヒー豆を販売しているカフェも多いようです。

コーヒー豆をオンラインで販売しているブランドもあり、Lazadaなどで簡単に購入できます。ただ、全体的にダークローストが多いのと、私にとっては重要な煎り具合の説明がない豆も多いです。あと、びっくりするくらい高かったりする(多分)すごく高級なコーヒー豆も結構見かけます。

毎日飲むものなので、価格が高すぎないコーヒーを買うことにしていますが、値段にこだわらなければ、マレーシアにはおいしいコーヒーはたくさんありそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です